SENSORIAL DRIVE

-ヒトと車の共感覚 -


“数字に色が見える”、“絵に音が聴こえる”など
一人のヒトのなかで異なる感覚同士が結びつく特殊な知覚現象「共感覚」。
もしも、その「共感覚」がヒトと車との間に芽生えたとしたら
一体どんな世界が実現するだろう…?

そんな発想のもと、2019年6月より少人数で開始したプロジェクト「SENSORIAL DRIVE (センソリアル ドライブ)」。


「QUENELLE(くねる)」と名付けられた
この管楽器のようなユニークなフォルムを持つこのEVは、
乗る相手のあたたかさ、重みや、鼓動を感じて
それぞれのヒトに応じてオリジナルの音や光を返します。

また、車自身の現在の情報も、感覚的にドライバーへと伝えられます。




2021年度   イベント参加決定!  


3月20日 豊田市駅前にて開催いたします。 詳細は追って公開いたします。



2019年度   イベント概要





○  10 /   5(土) 11:00~19:15
   
    体験型展示    Interactive installation

    豊田市駅前ロータリー(東口) *ラグビーワールドカップおもてなしイベント開催中



   


○  10 /  19(土)10:00~15:00

    試乗会  Test ride event   *雨天の場合, 体験型展示に変更となります
 
  とよた Ecoful town  /「STREET & PARK MARKET」
     


○  11 / 23(土)10:00~17:00
    11 / 24(日)10:00~17:00 
 
    試乗会  Test ride event  
  *雨天の場合, 体験型展示に変更となります   
 
    豊田市美術館  園庭   /「MUSEUM MARKET お庭でマルシェ」内 
 

○  12 / 14 (土) 12:30~14:00 
   「EVの音づくり」ワークショップ Creation of EV sound Workshop

     とよた Ecoful town パビリオン   /  「Think SDGs」イベント
   
     身近なものを楽器に変えて、EVの走行音をつくってみよう!
     完成した音を、実際に車体に載せて走らせてみます。  
                       
               対象年齢:小学生以上  親子でのご参加も歓迎いたします


 

協働チーム  /  Team members




企画運営,   音響デザイン                    野口  桃江  Web
Project management , Sound design                     Momoko  Noguchi  
 
 
   
システム開発, 車体製作                                          永井  義浩
System development, Car body manufacturing   Yoshihiro  Nagai       


車体デザイン,  車体製
Car body design & manufacturing                         Mayu  Koike


グラフィックデザイン                                            山田  直子    
Graphic design                                                         Naoko  Yamada


ソフトウェア開発                                                   笠松  大輝    
Software development                                            Taiki  Kasamatsu





     

          

「とよたデカスプロジェクト2019」「ここデカス」採択プロジェクト
「あいちトリエンナーレ2019」 パートナーシップ事業

「Beyond2020」 プログラム 





主  催  |  Musify

協  力  |  とよたEcoful Town,    一般社団法人TCCM

後  援  |  豊田市,   豊田市教育委員会


  
©︎  Musify, ALL RIGHTS RESERVED.